カービィのエアライドの続編が出ない理由。何が悪いんだ!?

ゲーム

カービィシリーズの中でもひときわ異彩を放つのがこのエアライド。

レースゲームというカテゴリなんですけどコピー能力やマシンの性能が大きく違っていたり独特のシステムでした。

そのシステムから今でも続編を望む声がよく聞こえてくるゲームの1つ。

 

ということでエアライドの続編の可能性を色んな面から考えてみました。

そういえばどうなったんだろ、という人は見ていってくださいね。

動画でも解説したので文字読むのがめんどくさい!っていう人はこちらをどうぞ!

スポンサーリンク

続編がでない理由は類似ゲームの存在!

任天堂にはエアライド以外にもレースゲームがいくつか存在します。

その代表的なものがマリオカート。

これの存在がエアライドの続編の妨げになっているというのが僕の考えです。

 

マリカの人気が高すぎる!

マリオカートというのはスーファミで出てからGBA、GC版を除いてすべて100万本以上売り上げてる化け物ソフトです。

 

スーパーマリカマリカ64マリカアドバンスマリカDDマリカDS
発売年19921996200120032005
累計売上382万本224万本94万本87万本400万本
ハードSFCN64GBAGCDS
マリカWiiマリカ7マリカ8マリカ8DX
発売年20082011201420017
累計売上370万本301万本128万本239万本
ハードWii3DSWiiUスイッチ

 

さらにはゲーセンのアーケードとしても展開。

やったことあるけど結構面白いですよ!

 

その点カービィのエアライドは45万本。

一番売れなかったゲームキューブ版の半分ほどしか売れてないんです。

 

なので任天堂としてはレースゲームのアイデアなどはマリオカートにそそいだ方が企業として利益が出るというわけ。

この影響をもろに受けてるのがF-ZEROシリーズ。

 

据え置きF-ZEROはGCでのF-ZEROGXを最後にぱったり発売が止まりました。

ついにはマリオカート8でF-ZERO特有のちょっと宙に浮く反重力も持っていかれてしまったんです。

 

ということでエアライドの新しいアイデアが出たとしても確実に売れるマリオカートのほうに回されている、という可能性があるんです。

こうなってしまうとなかなか新作は出せないんじゃないでしょうか。

F-ZEROについてはコチラを参照

F-ZEROの新作はスイッチで出るのか!?可能性を考察!
F-ZEROの新作が発売される可能性について開発者の言葉や今までの傾向から色々と考えてみました。それと併せて現行機であるスイッチとの相性や可能性も。心待ちにしてるF-ZEROファンは少し覗いてみて下さい。

任天堂ハードHD化で開発費の高騰

WiiUが発売されてから任天堂のハードはPS3などに遅れながらもHD化を果たしました。

HDになると画質とかはよくなるのでユーザーとしてはうれしいんですがデメリットも一つ。

それが開発費の高騰です。

 

■最も開発費が安いのはWii、HD機の1/6
2009年度の平均開発費も算出されています。Wiiの開発費用は最も安く500~700万ドル(約4億6000万円~6億5000万円)。これは前世代のゲーム機並みとされています。プレイステーション3とXbox360は1500~3000万ドル(約14億円~28億円)。文字通り桁が違うという訳で、数字からはHD機の開発がいかに負担をかけるかが見えてきます。

https://graffito.blog.fc2.com/blog-entry-1410.htmlより引用

 

HDであるWiiUはWiiに比べて6倍の開発費がかかっていたことが明らかになっています。

当然さらにきれいになったスイッチではそれ以上ということに。

開発費がこうやって上がるとソフトが大量に出せなくなってしまいます。

 

それよりも1つ1つ大事に作って失敗しないようにするというのが今のゲーム業界の流れ。

任天堂もいくつかあるレースゲームの中でその開発リソースをマリオカート1本に絞ったということなんでしょうね。

 

エアライドの売上が低いからという理由

シリーズものの続編が出ない理由のほとんどがコレ。

ただエアライドに関してはそこまで低くありません。

エアライドカービィ64鏡の大迷宮タッチカービィドロッチェ団
発売年20032000200420052006
ハードGCN64GBADSDS
国内売上45万本107万本76万本31万本119万本
世界売上156万本177万本152万本不明160万本

 

あまり売れなかったゲームキューブで45万本売れれば大したもんじゃないでしょうか。

世界売り上げにおいては番外編なのにカービィ本編に迫るくらい売れています。

なので売上が低かったからというのは理由として違うかなと考えています。

 

ちなみに売上が低くて新作が潰れたシリーズとしてはヴァンパイアなどがあります。

ヴァンパイアの新作はなぜ出ない?理由は公式が発言済み!?
ヴァンパイアハンター、セイヴァーときてその次の新作が中々でない…もう少し時間がかかるのかなと思っていたら公式がその理由を述べていました。その発言やその理由などを過去のデータをもとに考察しています。

公式がしっかり発言してるものはかなり珍しい。

人気もかなり高いシリーズ

売上がこれだけあるので当たり前かもしれませんが国内、海外ともに人気はかなり高め。

アマゾンのエアライド価格は常に高騰してます。

 

 

2019年現在新品価格は37800円というすさまじい価格に。

そしてこっちはエアライドのアマゾンランキング。

 

GCのゲームなのに2400位という時点でかなり高いんですが変動もかなり活発。

このグラフがガクッと下がったときに売れてるんですけどかなりジグザグしてますよね。

これは毎日複数本売れてるときのグラフ変動です。

 

こういう客観的にわかる情報を見ても相当な人気があることがわかります。

 

エアライドディレクターの不在?

このカービィのエアライドのディレクターは桜井政博という人物。

カービィを手掛け、スマブラのディレクターの人というとわかりやすいでしょうか。

この人実はこのエアライドの制作を最後に今まで所属していたHAL研究所を退社してるんです。

 

 

今はソラという会社を立ち上げています。

今まで取り仕切っていた人間がいなくなったのはエアライドの新作が出ないことと関係してるんじゃないでしょうか?

 

桜井氏はそんな関係ない?

この桜井氏は退社までカービィシリーズ全般のディレクターもしていました。

退社したということはカービィシリーズも中止に…という風にはなってないですよね。

退社後も、

 

  • タッチカービィ
  • ウルトラスーパーデラックス
  • トリプルデラックス
  • ファイターズZ
  • ロボボプラネット

 

これだけ出してます。

そして最新作のロボボプラネットでは50万以上の売上を出してるということで低迷してるというわけでもありません。

HAL研究所の熊崎氏が今度は舵を取ってシリーズを続けているんです。

 

 

また、上のメインのシリーズに加えてすいこみ大作戦やバトルデラックスのようなスピンオフのゲームも色々作ったりも。

こういうところを見るとカービィシリーズを作り続ける体制はしっかり受け継がれていることが分かります。

 

桜井氏はエアライドをすべて手掛けてたわけではない

桜井氏は一応ディレクターという肩書ではあるんですがすべて見ていたわけではありません。

 

当初桜井は監修という立場から本作に関与していたが、開発の遅れから急遽ディレクターに就任、急ピッチで作業を進めた。

Wikipedia(ニンテンドードリーム)より引用

 

カービィ作成の新体制もしっかりできていて、エアライドは桜井氏がいないとできないわけではない。

なので人材がいないからカービィのエアライド2が出ない、ということではないでしょう。

人材がいて、尚且つ続編を望んでるのに発売されないシリーズも中にはありますけどね。

ロックマンエグゼがもうすぐ復活!?続編の可能性を考察
青春時代にドはまりしたロックマンエグゼの続編の可能性を考察しました。公式からの情報や環境の変化などを考えて真面目に考察しております。新作もうでないでしょ?という人も一緒にエグゼの思い出に浸りましょう!

任天堂の方針がエアライドにとって逆風だった?

マリオカートの存在がエアライドにとって逆風になってることを話しましたが、それともう一つ逆風になっているものが。

それが任天堂の方針、ポリシー。

 

マリオシリーズなどのディレクターで知られる宮本茂氏は以前F-ZEROの新作についてこう語っています。

 

『例えば新しいハードのコントローラーがF-ZEROにピッタリだったとします。そうすれば我々はF-ZEROの開発を考えるでしょう。』

『F-ZEROを作る上で難しいのは、過去の作品と違う新しい”何か”をどう用意するかです。』

引用:http://yougot-neko.com/nintendo-switch_f-zero-gx_interview/

 

任天堂の方針として「新作はなにかしら進化させる」というものがあります。

マリオカートに吸われてるわけではなくエアライドを進化させるポイントがわからないという説。

例えばメトロイドでは一番最後のアザーMというものがちょっと不評でした。

 

その影響あってかWiiuでは一本も出さず、2017年にようやくリメイクを3DSで発売したんです。

アザーMが2010年なんで7年も開いちゃったんですね。

エアライドもこれと同じ事態に陥ってる可能性は十分に考えられます。

 

会社のポリシーに悩まされてるシリーズは他にも。

パワポケ15はなぜ出ない?続編の可能性を徹底考察してみた!
パワポケ15はいつ出るのか!そもそも出るのか!ということを今までのシリーズやコナミの内部事情から考察してみました。続編に対してコナミが今積極的じゃない以外にもいろいろなことが考えられます。コナミソフト全体に関係してくる話題になってますよ。

エアライド独自のシステム

ただエアライドのシステムは他のレースと明らかに違う点がいくつもあります。

レースゲームの大御所がいるとはいえシステム面でそこまでかぶってはいないように思うんですよね。

エアライド独自のシステムといえば、

 

  • それぞれ全く違うマシン
  • バトルロイヤルができる
  • マップがかなり広い
  • 独特の操作

 

このくらいでしょうか。

マリオカートも最近はカートのカスタマイズができるようになりましたがエアライドのマシンほどの個性は出せません。

 

同じようにバトルモードもありますがシティトライアルほどの自由度はないですよね。

アクセルボタンが必要ないっていうのも他にはないシステムです。

 

こうやって見ると差別化はそこまで難しくないように見えます。

差別化はできてるのに、ということはやはり上で触れたマリオカートに集中してるのが理由でしょうかね?

 

エアライドの続編が出ない理由まとめ

  • レースゲームはマリオカート1本に注力
  • いいアイデアが思いついていない

 

エアライドの続編、新作が出ないのはこの辺りが原因かなという結論になりました。

そしてその背景には開発費の高騰がある、という感じ。

 

売上も申し分ない、差別化もできる、体制もある、なのに出さない。

という現状を考えるとこの線が一番有力かなと思います。

 

今だったらオンラインの対戦があったりして面白そうなんですけどね。

ただ続編の前にエアライドそのものがリメイクされる可能性もあります。

 

スイッチではバーチャルコンソールでGCが来るんじゃないかとうわさされてるんです。

スイッチがGCコンに最近対応したのもその前触れなんじゃないか、とか。

 

スイッチもかなり売れてるんで今出せば前作の売り上げも上回りそうですが…

とりあえず続報が来るまで我々は待機するしかないのが悲しい所。

ちなみに最近は中古で8000円くらいまで上がってたエアライドですが少し安くなって4000円くらいになってます。

 

 

またやってみたいなーという人は今が狙い目ですよ!

コメント